乗鞍岳・御嶽山を望む野麦峠

野麦峠(飲み込むぎとうげ)は、岐阜県内高山市といった長野県内松本市の県境にあり、その昔は飛騨世の中といった信濃世の中を結ぶ鎌倉街道・江戸街道と呼ばれる街道の峠でした。
また江戸時代には、こういう回廊で信州に「飛騨振り」などが運ばれたことから「振り街道」とも呼ばれていました。
乗鞍岳といった鎌ヶ峰の間にあり、標高1,672mの野麦峠は長野県内回廊・岐阜県内回廊39号奈川野麦高根線が通っています。

峠の辻には、お助け小屋がアジャストされ、売店・レストラン・宿泊施設として利用できます。

明治の初めから大正にわたって、当時の中心輸出産業であった生糸工業で発展していた諏訪ゾーンの岡谷へ、飛騨の10代・20代の女性が女工としてはたらくためにこういう峠を越えていきました。
こういう史実は1968年頃に発表された山本茂実(やまもと・しげみ)のノンフィクション「あゝ野麦峠」で全国的に有名になりました。
峠における座敷中央には、こういう野麦峠で呼吸を引き取った工女政井みねが、兄に背負われた石像があります。

熊笹は長期に一度花を咲かせ、稲穂という実をつけますが、これを飛騨では「野麦」と呼び、峠最寄りに熊笹が多く茂っていたことから峠の冠になりました。

かねてから飛騨・信州の交通で年数を刻んだ野麦峠は、北に乗鞍岳、南に御嶽山が望まれ、紅葉の時期になると山中は赤く色づきます。
岐阜県内身近は県立森林公園として旧街道によるハイキング教科が整備されてあり、昔の原風景が居残るこういう旧野麦街道の散策は、紅葉をバックに乗鞍岳、御岳を間近に待ち望む絶景の森林パノラマを楽しむことができます。手話検定で合格する方法